So-net無料ブログ作成

絶体絶命(11) 感想 10/24日掲載 [我らがパラダイス 感想10月分]

我らがパラダイス281
絶体絶命(11) 10/24日掲載の感想です。
細川邦子の父親の人間すり替えもうまくいって
すでにセブンスタータウンに入居しているのには
驚いた。
田代朝子の母のチズといい細川の父の滋といい
どのようにして人間すり替えがうまくできたのか
具体的な方法はわからないが、結果としてすでに
そこにいる。

これを知っているのは、介護士のチーフの藤原訓子
と他3人の介護士だ。

彼らも、親や祖父母の事で苦労していて、いずれは
条件があったらすり替えるつもりの予備軍である。

いくら秘密といえども、複数の人がかかわってくると
もう、組織的犯罪ですね。

主犯は田代朝子であるが・・・・・

訓子は彼ら3人をうまくローテーションして邦子の
父親の担当に付けている。

邦子は、親戚のものが入っているのでという理由で
受付の仕事が終わると毎日、やってくるのが日課だ。

父は大津という名で入っている。

父は20歳代後半の介護士の国本奈津を気にいって
いる。
父はまだ性的好奇心は衰えず、奈津の胸を触ろうと
して軽くぶたれたりしている。

奈津も本当の事を知っている3人の介護士の一人だ。

邦子は父の性的好奇心のエネルギーに落胆したが、
奈津は優しいので救われている。

これら人間すり替えは、犯罪であるが、毎日のお世話
が当たり前になっていると犯罪という感覚が薄れて
しまうのが怖いですね。

スポンサードリンク 
 


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。