So-net無料ブログ作成

絶体絶命(14) 感想 10/27日掲載 [我らがパラダイス 感想10月分]

我らがパラダイス284
絶体絶命(14) 10/27日掲載の感想です。
今日は3人の会話だ。
さつきが一部始終を話しているときは、テーブルには
料理が運ばれてきたが、手を付けるものは誰もいない。

話が深刻で朝子と邦子にとっては、初めて聞く話で
話に入りこんでいる。

もう、ドラマみたいな話の内容だったので、どんどん
ひきいられている。

邦子は自分がいけなかったのだと謝る。

無理に父を空いている部屋に入れたので、丹羽さんは
福田に嫌われたと思っている。

しかし、福田は貧乏人が反抗したり、ちょっとでも
何かを言ったりするとカーーーと地の登る人で、
貧乏人がきらいなのだ。

邦子さんのせいではないとさつきは言う。

朝子はこれは相当やばいと思っている。

二人でここを出ていくか、それとも福田と戦うのかと。

さつきは朝子と邦子の親が人間すり替えで、天国の
ようなところで楽しく暮らしていることをまだ知らない。

この話は朝子はするのであろうか?
あまり話をしてしまうと自分たちもやばい事になる
と思う。

スポンサードリンク 
 


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。