So-net無料ブログ作成

実行(22)感想 7/23日掲載 [我らがパラダイス 感想7月分]

我らがパラダイス190
実行(22) 7/23日掲載の感想です。 
今日は遠藤のおいたちの話です。
遠藤の両親は遠藤が12才の時に離婚した。
各々に恋人ができて。
12才の少年にはショックだろう。

それでどちらにもついて行かず、祖父母のところに
ひきとられた。

祖父は大きな印刷会社のオーナーだったので、何の
不自由もなく育った。
遠藤が編集長をやっていたのも、祖父の影響があった
のですね。

祖父の株を売ったお蔭で、セブンスタータウンに入居
できたという事だ。

遠藤が本当に愛したのは、愛犬のユキだけだと言う。
恋人はいなかったのだろうか?

セブンスタータウンでは、遠藤のファンが多いとさつき
は言う。だからオムツをしようよと。

遠藤は「わかった」と素直になった。

さつきと、このように会話ができているし、ちゃんと
覚えている。しかし、アルツハイマーは不意に記憶が
飛んで、今ねしゃべっている人が誰かわからなくなって
しまうと言う事だ。

それで、やたらとメモをするのだと。
でもさつきに、病気の事や過去の事を全部言えて
よかったですね。

わかってくれている人が近くにいるのは心強いです。
スポンサードリンク 
 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。