So-net無料ブログ作成

みんなで(20) 感想 8/31日掲載 [我らがパラダイス 感想8月分]

我らがパラダイス229
みんなで(20) 8/31日掲載の感想です。
警官の滋に対する態度と言葉が邦子の
神経を逆なでしている。
戒告というもので帰ってもいい事になった。
年寄りを見ると子供に言い聞かせるような
言葉で言う人がいる。

この警官もそうだ。
「おじいちゃん、これからはお家の人の言う事
を良く聞いて」などと。

邦子の中で怒りがわく。

昔は家族や会社の人にも尊敬されていた父が、何
でこんな屈辱を受けなければならないのか。

しかし、今はボケて老人となった父が、知らぬ女
の尻を触って交番につき出されている。

これが現実だ。

子供としてこんなに辛いことはないが、もう半分
諦めている自分がいることにも腹が立つ。

人間の一生を見ると、壮年期の華々しい時期も
あるが、年をとると誰しも衰えていくことは
仕方のない事だ。時の流れが人生である。

帰り際、トイレを借りようとしたが、滋はガン
としていきたがらない。

こんなところの便所は使いたくないと言う。

女性警官がさっき行きましたよと言う。
どうも一人で用をたしたようだ。

一人では絶対トイレにいけないと思っていた邦子
は驚く。

さらに女性警官は言う。
トイレの前までつき添ったのはいいが、その理由
が逃亡する恐れがあるからだと言う事で、邦子は
又、カチンときた。

警察は人の気持ちなど考えずに、あくまで犯罪者
扱いですね。
スポンサードリンク 
 



nice!(16)  コメント(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。